准看護師養成マニュアル

准看護師の魅力と資格取得方法を解説します

1-4 男でも異業種からの転職・経験ゼロでも大丈夫

time 更新日:  time 公開日:2017/08/14

看護師の資格さえ取得すれば異業種からでも簡単に転職することが出来ます。

30代や40代、あるいは50代であったとしても、資格さえ持っていれば未経験であっても看護師として働ける職場は必ず見つかります。

看護師は売り手市場で転職に強い

医療業界に縁の無い世間一般の人からすると、看護師への転職って随分と敷居が高く感じるかもしれません。

特に男性の方は、自分みたいなオジサンが今から看護師になれるなんてホントなの?と思うかもしれませんね。

看護師って若い女の子のイメージが強いですしね。

私も最初はそうでした。

看護学校に願書を請求したり、バイト先を探すために病院に電話したりするときも、お門違いだと思われないだろうか?笑われたりしないだろうか?と心配になったものです。

でも安心してください。

医療業界って、まったくの経験ゼロからでも転職できる世界なんです。

ずっと定職に就いたことが無いという人でも大丈夫です。

これまでの10年、20年間、全然違う仕事をしてきたような人でも全く問題ありません。

なんでこの人はこの歳になって突然看護師を目指すんだろう?なんてことは殆ど誰も気にしません。

看護師って生活のために看護師になった人が少なくないんです。

女手ひとつで子供を育てないといけないから、とかそういう経済的理由で看護師をやっているような人が結構います。

だからもしあなたが生活のために看護師に転職するのだとしても、医療業界の人にとってみれば全然普通のことなのです。

そして医療業界は資格が物を言う世界です。

看護師資格を持っていれば経験ゼロの中高年でも余裕で雇ってくれます。

もちろん病院にもよりますけど、雇ってくれるところは絶対にあります。

看護師は慢性的に人手不足、売り手市場です。

毎年たくさんの看護師が生まれますが、仕事がキツイと言って辞める人もたくさんいます。

だから雇う側は選り好みして雇えるような状況ではないのです。

経験ゼロでも中高年でも、性格に多少問題があるような人でも、雇ってくれる病院はたくさんありますよ。

ただ看護師になるには看護学校に入学しなければならないので、入学試験だけは頑張って突破しなければなりません。

勉強が苦手という人もここは何とか頑張りましょう。

sponsored link

sponsored link

看護奨学金マップ