准看護師養成マニュアル

准看護師の魅力と資格取得方法を解説します

3-8 准看護師から正看護師にステップアップすることもできる

time 更新日:  time 公開日:2017/07/28

本当は正看護師の資格を取りたいんだけど、金銭的・家庭的な事情があって准看護師の学校しか通えそうにないという人も少なくないでしょう。

そういう人は、まず最初に准看護師の資格を取ってから、改めて2~3年間学校に通って正看護師にステップアップするのが良いでしょう。

准看護師から正看護師にステップアップする流れ

つまり、まず准看護師養成学校に2年間通い、准看護師試験を受けて資格を取得します。

そして准看護師として働きながら、正看護師にステップアップするための看護学校に2~3年(学校によって違う)通うのです。

そして看護師の国家試験を受けて正看護師の資格を取得するという流れです。

このように准看護師資格を持っている人が正看護師の受験資格を得るために通う学校を看護師養成所2年課程と呼んだります。

このタイプの学校は全日制なら2年制、定時制なら3年制となっています。

実は准看護師から正看護師になるための学校には通信制の看護学校もあるのですが、この通信制看護学校については別記事にて紹介します。

全日制は2年で済むけど働けない

全日制の学校なら2年間の通学で正看護師の受験資格を得られますが、授業がしっかり詰まっているので、ほぼ働くことができません。

しかし中には土日だけアルバイトをするというツワモノも居ます。

准看護師としての給料をもらいながら通学できるので効率良く稼げる

3年制の場合は、夜だけ学校だったり昼間だけ学校だったりするので、学校以外の時間を使ってアルバイトをする学生が多いです。

働きながら学校に通うという点では准看護師養成学校に通う場合と同じなのですが、高看の場合は既に准看護師資格を持っているので、准看護師としてアルバイトが出来ます。

当然、無資格だった頃よりも自給がずっと高くなるので、効率良く稼ぐことが出来ます。

夜だけ授業がある学校の場合は、准看護師としてほぼ日勤(9時~17時)と同じ時間に勤務し、その後学校に通ったりする人も居ます。

職場によっては相談次第で8時~16時等に時間をずらしてくれるケースもあります。

そして勤務日数も正職員と同等で働いたりするので実習期間を除けばかなりの収入が得られます。

病院によっては、正職員と同等の勤務時間の高看学生には正職員と同等の給料、さらにボーナスまで支給するという病院さえあります。

こういう好条件の病院は大抵あまりナースに人気の無い精神科や療養型ですが、職場の選び方次第で収入が大きく変わってきますのでしっかり待遇を調べて選びたいですね。

sponsored link

看護奨学金マップ