准看護師養成マニュアル

准看護師の魅力と資格取得方法を解説します

1-1 なぜ今、准看護師なのか?

time 更新日:  time 公開日:2017/08/17

当サイトは准看護師の魅力と資格取得方法を解説するサイトです。

看護師の資格についてご存知の方なら、なぜ正看護師ではなく准看護師なのかと思う方もいらっしゃることでしょう。

准看護師資格は将来廃止になることが検討されている資格ですからムリもありません。

廃止されるのはまだ何年も先の話になると思いますが、正看護師を育成する学校がますます増えている中、准看護師資格の役目が終ろうとしているのは間違いないと思います。

ではなぜそんな状況の中、准看護師の資格を勧めるのでしょうか?

それは准看護師には准看護師ならではの魅力があるからです。

准看護師ならではの魅力

准看護師ならではの魅力を挙げてみましょう。

・正看護師や准看護師になるには看護学校に通わなければならないが、准看護師の学校は2年で卒業できるので、資格取得までの期間が短くて済む(正看護師は最短3年)。

・准看護師の学校は地域の医師会が運営しているケースが殆どで学費が安い(2年間で100万円程度)。

・准看護師養成学校は授業数が少なく働きながら通学できるので、経済的な余裕が無い人でも資格を取得しやすい。

・准看護師養成学校の入学試験の出題範囲は中学卒業レベルで、競争倍率も比較的低いので、あまり勉強が得意でなくても合格しやすい。

・無事に学校を卒業できれば准看護師の資格試験の合格率はほぼ100%であり、正看護師の国家試験よりも合格しやすい(試験内容も易しい)。

このように准看護師は正看護師と比べて資格取得のためのハードルが総じて低いのです。

准看護師資格を必要とする人達のために

お金が無い、育児に時間が取られるなど、金銭的・家庭的事情を抱えているような人にとってはこのハードルの低さが大きな魅力となります。

このサイトの管理人である私自身も、准看護師という資格があったおかげで、不安定な自営業から安定した看護職に転職することが出来ました。

もしも既に准看護師資格が廃止されていて、正看護師の資格しかなかったとしたら、金銭的な理由から看護師の道はあきらめざるを得なかったことでしょう。

お金も時間もあるという恵まれた人は最初から正看護師の資格を取得すれば良いと思います。

しかし世の中には諸事情で正看護師の学校に通うことが出来ない人達もたくさんいます。

今は別の業種で社会人をしているが、少ない給料が不満で転職したい。

でも学校に行けるような貯金はない。

そのような人達には准看護師資格が救いとなります。

だから私は、自身の経験も踏まえながら、准看護師の魅力を伝え、准看護師の資格取得方法を解説するこのサイトを作ることにしたのです。

sponsored link

看護奨学金マップ