准看護師養成マニュアル

准看護師の魅力と資格取得方法を解説します

2-2 准看護師養成学校なら働きながら通学できる

time 更新日:  time 公開日:2017/08/07

准看護師養成学校の特徴のひとつに、働きながら学ぶことが出来るということが挙げられます。

一部の高等学校(衛生看護科)をのぞき、准看護師養成学校は全日制ではなく定時制なので、学校に通いながら働く時間を確保できるのです。

気になる学生時代の収入も含めて解説しましょう。

准看護師養成学校の授業時間

定時制の内容は学校によっていろいろです。

<よくあるパターン>

パターン1:
月から金曜日まで登校するが、授業時間は13時から16時くらいまでしかないパターン。
この場合、午前中に働いて、午後は学校、夕方からまた働くということが出来ます。

パターン2:
授業時間は9時から16時くらいまであるが、週3日しか登校しないパターン。
この場合は主に休校日に働きますが、登校日も夕方だけ働くことが出来ます。

実習期間はあまり働けない

通学中は1年目も2年目も、学校が提携している病院などで臨地実習があります。

これが看護学生泣かせのカリキュラムなのですが、場合によっては寝れないくらいに忙しいということもあります。

なので、基本的に実習期間中は仕事は出来ないと思っていた方が良いでしょう。

実習期間は1年目の冬に1カ月程度、2年目は5月くらいから8カ月程度でした。

看護学生に多いアルバイト先は?

学生時代、看護学生が働く場所は病院などの医療機関が多いです。

別段、コンビニ等で働いても良さそうなものですが、早いうちから病院での仕事に慣れておいた方が良い、という考えから病院で働く人が殆どです。

看護学校としても病院以外での就労は良い顔をしないことがありますので注意してください。

さて働くと言ってもフルタイムではないのでアルバイトみたいなものです。

看護学生が病院で働く場合の仕事内容はというと、看護助手、看護補助などと呼ばれる職種になります。

そういう資格があるわけではないので、病院によって呼び名は違いますが、内容としては看護師のお手伝い的な仕事になります。

食事介助、入浴介助、オムツ交換といった患者さんのお世話や、ベッドのシーツ交換や物品の準備など、看護師の資格が無くても出来ることをします。

ちょうど介護施設の介護員さんの仕事と同じような仕事内容です。

学生時代にどのくらいの収入が得られる?

さて、それでは学生時代に実際のところどのくらいの収入が得られるのかをお話しましょう。

学生時代当時の給与明細が残っていたので以下にご紹介します。

1年目の収入:約117万円

出勤日数 労働時間 手取り収入(円)
4月 17 131 ¥84,600
5月 19 128 ¥84,500
6月 18 132 ¥87,500
7月 19 130 ¥94,000
夏の寸志 ¥38,000
8月 19 125 ¥93,000
9月 20 127 ¥93,500
10月 19 128 ¥105,500
11月 18 122 ¥107,000
12月 16 107 ¥95,000
冬の寸志 ¥55,000
1月 11 82 ¥81,000
2月 10 73 ¥78,000
3月 9 64 ¥75,000

2年目の収入:約82万円

出勤日数 労働時間 手取り収入(円)
4月 9 64 ¥75,000
5月 10 73 ¥72,500
6月 6 42 ¥52,500
7月 8 58 ¥59,000
夏の寸志 ¥0
8月 0 0 ¥0
9月 10 76 ¥69,000
10月 5 39 ¥32,000
11月 13 100 ¥84,000
12月 13 101 ¥86,000
冬の寸志 ¥0
1月 13 99 ¥81,000
2月 11 85 ¥71,500
3月 21 159 ¥139,000

2年間の合計:約200万円

以上のように私が看護学生時代の2年間に病院で働いて得た収入は合計約200万円でした。

2年目は実習が大変で殆ど働けなかった印象でしたが、こうやってみるとそこそこ収入があったのですね。

sponsored link

sponsored link

看護奨学金マップ