准看護師養成マニュアル

准看護師の魅力と資格取得方法を解説します

1-6 看護師の仕事ってキツイの?

time 更新日:  time 公開日:2017/08/12

看護師の仕事はキツイとよく言われますがどのくらいキツイのでしょうか?

ここでは勤務状況に関する客観的事実を挙げることでみなさんの参考にして頂ければと思います。

看護師は決してラクでは無いけれど

看護師って最近は大学の看護学部が新設されるケースも多いし、毎年たくさんの新人看護師が生まれているにも関わらず、相変わらず人手不足が解消されません。

その理由は、日本の高齢化が急速に進み看護師が必要とされる職場が増えたため、看護師が増えても十分に足りていないという社会的背景などもありますが、やはり退職してしまう看護師が多いからという理由もあります。

退職理由は様々ですが、女性の場合は出産・育児のタイミングで離職することが多いようです。

他によく言われる看護師の離職理由としては仕事のハードさが挙げられます。

実際のところ、看護師の仕事はどの程度しんどいのでしょうか?

私が思うところを書いてみましょう。

仕事のキツさは病院・職場によっても大きく違いますが、私の職場に関していえば、そこそこシンドイですが、個人的にはそれほど苦ではありません。

シンドイと思うか思わないかは個人差がありますので、いくつか勤務状況に関する事実を列挙してみましょう。

・普段は残業は殆どありません。定時キッカリに仕事を終えることが多いです。ちょっと伸びても15分くらいです。管理職からは出来るだけ定時に帰るよう指導されています。

・委員会や受け持ち患者の仕事は、なかなか仕事の合間にこなせないことが多いので、1~2時間残業して片付けることがあります。私の場合は月に1~3日くらいでしょうか。

・勤務はシフト制なので不定休です。休日は基本的に土日の数と同じ日数になりますので、年間104日程度です。他業種に比べて少なめだと思いますが、休日出勤は無くキッチリ休めます。

・夜勤は本人の適性と希望次第ですが、私は月に4~5回の夜勤をします。私の勤務先は2交代制なので夜勤は16時間程度の勤務になりますが、忙しくて仮眠が全く取れない日も少なくありません。つまり一睡もせずに16時間働く感じです。

・看護師の仕事には体力を消耗する仕事が結構あります。寝たきり患者さんのオムツ交換などですね。私の職場では頭を使う仕事より体を使う仕事の方が多いくらいですので、1日の終わりには肉体的な疲労を感じることが多いです。

・患者さんの命を預かる現場なので、状況によっては過度の緊張や精神的なストレスを感じることがあります。

こんなところですね。

イヤならいつでも辞めれるのが看護師

そこそこシンドイ仕事です。

でも、私は一時期ブラック企業に勤めていた経験があるのですが、その時と比べれば全然ラクです。

ブラック企業のときはサービス残業・休日出勤がハンパなかったですから。給料はそこそこ高かったですけどね。

今は給料が比較的安い分、休日がしっかり確保されていると感じます。

あと忘れてはいけないのが人間関係のストレスでしょうか。

私は男性なのであまり感じませんが、女性の方は女性ばかりの職場なので、人間関係からくるストレスを感じることがあるかもしれません。

でも看護師は転職しやすい職業ですから、もし今の職場が嫌になってもその時は他の病院に転職すれば良いという安心感があります。

sponsored link

sponsored link

看護奨学金マップ